ホーム > , 趣味, 伝統芸能 > リトールダー松田の”能の学習メモ”  ⑮

リトールダー松田の”能の学習メモ”  ⑮

 ”カマエ”の基本を学びなおしたい”

 習い始めて11年となってしまった私だが、未だ正しくカマエル
事が出来ない。

        ・おしりを後ろに突き出して、上に引き上げ、足の膝を少し折る
        ・背中と首、頭を真っすぐに伸ばし
   ・おなかをへこめて、胸を張って
   ・気持ち前傾して、足の裏全体で体重を受け
   ・腕は肘の折れが目立たないように、前に大木を
抱える様な感じでつきだし

   ・手は小指と二の腕に力を入れて、肩のの力を抜いて、
           左右の手の高さを同じに保つ
   ・顔は顎を引いて、自然に真っ直ぐ前を見るように
先生から指導を受ける言葉を思い出し、書き出してみたら
7行にもなった。

切り戸から出てきて、座ってカマエ、立ち上がった時、瞬時に
この姿勢が取れねばならない。

最近この7項目の中でも、”おしりを後ろに突き出して、上に引き上げ”
一番難しく大事に思える。この事は
運歩ではもちろん、サシテ、ヒラキ、
廻リ返しなど一連の所作の間はキープしなければならない。

座ったり、飛んだりするとき以外はこの姿勢で舞わなければならない。

この姿勢がキープ出来ていれば、下を向くこともなく、体がふらつく
こともなく、運歩でも踵が
上がらず、自然にすり足が出来る事となるらしい。
従ってそれほどすり足に気を掛けなくとも
良いらしい。
仕舞では袴をはくので、この”おしりを突き出す”姿勢を確認しにくい。

私も稽古を初めて、早11年、小学校入学から高校2年生になって
しまった事になる。
そろそろ
この基本をつかみ取りたいものだ。
静止の状態で在れば、自分でポーズして、先生のチェックに、
OKが出る事が多くなって来たが
ちょっと動くとすぐ崩れてしまう。
とりあえず仕舞の途中で直立静止の場面がでた瞬間に、
セルフチェックで、正しい姿勢に戻せる
位のレベルを目指して
稽古する事とする。

広告
カテゴリー:, 趣味, 伝統芸能
  1. 幸野好修
    2018年2月24日 1:48 午前

    今日貴方のブログに出会え嬉しくなりました。同い年、仕舞を習い始めて約10年(私は7年)、貴人生観にも好ましい香りが漂う。“お尻を後ろに突き出す”所作は今もうまくいかず迷路をさまよっています。これからも様々なことで交信できれば幸いです。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。