ホーム > > よく続いたものだ

よく続いたものだ

★ 昨年3月3日に能の稽古を初め、1年が過ぎた。何も分からず
  飛び込んだ稽古の世界だが、続けられた事でほっとしている。
★ 振り返って見ると、週1の稽古は予想以上にきつかった。
  1週間があっという間に過ぎゆっくり復習している余裕が無い。
  通勤の1時間半を利用してMDに録音した先生の謡いを繰り
  返し聞いていることで何とかしのいできたが。
★ 最初の頃は先生からあまり注意もなく、ゆっくりのペースで進め
  て頂いた事も有り、ぼんやり聞いているだけでも効果があった
  が。 最近、音程がゴマ通りに下がり切ってないとか、上がり
  切って無い等の細かな注意が多く、しっかり注意して聞かない
  と役に立たなくなってきた。
★ 特に強吟の中音の表示は音程が中音という意味でなく
  ”押さえる”意味とのことで、いまだに十分理解できない。
  音程と音色(特に発声方法)が表現されているとのこと。
★ 能楽師(先生)の生の謡を目の前で聞ける楽しみが、落ち
  こぼれ寸前の私を一番支えてくれている。先生の音程を
  少しでも正確に聞き取れるようになり、微妙な謡いの表情
  がもっと感じられるようになれば、その楽しみが倍増する
  だろうと期待しながら、とにかく稽古を続けたい。
広告
カテゴリー:
  1. 12-kiroku
    2007年3月8日 1:48 PM

    能の稽古を始めてもう1年過ぎたの?なんだか早いねぇ。ついこないだのような気がするよ。
    この1年、気力も財力もぶっこんでよく頑張ったよねぇ。でもそういう趣味がもてたのは素敵なことでよかったね。
    ただし、稽古もボランティアも大事だけど、たまには母さんもかまってあげてください。
    いくら自分で過ごせる人でも、何だかんだ言っても、寂しいよ、きっと。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。